緊急事態宣言再々発令を前に思うこと

いよいよ緊急事態宣言が発令されそうです。

今回で3度目になりますよね。

コロナ禍と言われる時代に突入して、すでに1年以上が経過しています。

なかなか会えなくなってしまった方もいますが、みなさん元気でいてくださいね。

私も、ホリスティック・クーラのスタッフも、毎日元気に励んでいます。

以前もアメブロでこんなことを投稿したかもしれませんが、

私は自分の人生の大半を仕事に注いできたので、世間一般のことやいわゆる経済のことには疎い方だと自覚しています。

しかし、こんな世の中になったもんですから、急にいろんなことを考えたり調べたり、感じたりするようになってしまいました(笑)。

Ajay kumar SinghによるPixabayからの画像

でも世の中のしくみを知れば知るほど、実におかしいことに気づきます。

何が正しい情報かもわかりづらい時代ですから、あらゆる情報も鵜吞みにはできません。

ついこないだまで、何かにつけて科学だエビデンスだと言っていた世の中のはずが

いまは全くもって科学とはかけ離れた政策で国民の信用を失いつづけています。

とはいっても、

誰かが何かをしてくれるのを待っていても仕方ないので、

せっかくだからこの禍(わざわい)を自分の成長の機会とすべく、

私はあえて年始からチャレンジすることを選択しました。

このブログもその1つになりますね。

今はまだパッとしない感がありますが、それでも続けることが私にとってのチャレンジです。

昨年の今頃は、ネットフリックスの観すぎで昼夜逆転を余儀なくされていましたが

あのロンバケはほんとにありがたい充電期間となりました。

Please Don’t sell My Artwork AS ISによるPixabayからの画像

そういえば話がかわりますが、

オリンピックの選手が原則的に毎日検査をすることに決まったようです(それも本当に大変ですよね)。

人によってはオリンピックの開催に対してさまざまな思いがあると思います。

私個人的には、とにかく選手とその近くでサポートする方々の心情を思えば、

やはり何らかの形(どのような形かはわかりません)で開催できるといいのかなと思っています。

4年に1度って選手生命を考えたらね、なんかこう胸が痛くなりますよ。

もちろん現状で観客有の開催は国民の意思を無視したものになると思います。

どんな形で何ができるのかもわかりませんが

どのような結果であっても、選手たちを先々応援し続けたいです。

さて、

4都府県にとって3度目の緊急事態宣言、どのような内容になるのかわかりませんが

お客様と生徒さんに元気や癒しを与えられるよう

がんばっていきたいと思います。

禍を転じて福と為す

東洋学的には、陰極まって陽となる、かのような状態でしょうか?

もうしばらくが夜明け前の真っ暗な時なのかもしれませんね。

故事成語はほんとに面白いなぁ。

シェアしてね!

ABOUT US

石垣 英俊
気づきのプレゼンター。静岡市生まれ。神楽坂住み。 鍼灸師/按摩マッサージ指圧師/カイロプラクター/国際中医専門員/アプライドキネシオロジスト 神楽坂で施術をしながら東洋医学の健康観と背骨メンテナンスをベースとした養生法アラウンドセラピー®を伝えています。趣味はラクに生きる方法を模索すること、美味しく食べることです。