靴が教えてくれる身体のシグナル

サロンについて | 神楽坂ホリスティック・クーラ|背骨専門サロン&スタジオ (holistic-cura.net)

あなたの靴はどんな傷み方をしていますか?

靴底の減り方に顕著な左右差はありませんか?

新しく靴を新調したり革靴を履くと、決まって靴擦れになったり、脚や腰が痛くなったりしていませんか?

サロンについて | 神楽坂ホリスティック・クーラ|背骨専門サロン&スタジオ (holistic-cura.net)

靴の種類にもよるところはありますが、ある程度履いている靴をみれば身体の状態がわかることがあります。

ポダイアトリスト(Podiatrist:足病外科医)でもあるカイロプラクターから指導を受けていた恩師の影響を受け、私もカイロプラクティックの大学に通っていたころから足に興味を持つようになり、数年間にわたって足の勉強をしていたことがあります。

靴には、足自体の問題をはじめ、立ち方、歩き方といった姿勢や動きの状態が顕著にあらわれます。

それらの状態がよくないままでいると、腰痛や膝痛など多岐にわたって不調を生じる原因となってしまうこともあります。

このようなケースでは、きちんとした専門家にインソールなどの高さを調整してもらったり、足の形にあったインソールや靴を選ぶことが有効です。

靴 スポーツの靴 ランニングシューズ – Pixabayの無料写真

一方で、インソールや靴選びに失敗してしまうと、かえって足の運びに不具合が生じることから、ところどころに痛みが表れてしまうこともあります。

基本的には革靴やパンプスよりもスニーカーがおススメですが、最近は革靴でも高機能なものが出ていますからいい時代になりましたね。

参考までに、スニーカー選びのポイントとして

ヒールカップに硬さがありちゃんとしているかどうかをチェックするのをおススメします。

他にも実際に靴を手で触ってみて、足の前部分のところに柔軟性があるか、捻れに対する強度はどうかといったことも大切なポイントですが、

まずは踵(かかと)のヒールカップがちゃんとしていることがベストです。

それからもう一つ。

下肢・骨盤(足から骨盤まで)の筋肉バランスを整えてあげることも大切です。

なぜなら、筋肉のアンバランスがあることで足の動きが失調してしまうこともあるからです。

なんとか意識的によい姿勢やよい歩行をしようとしても、根本的にそういった筋肉に問題が残ったままではあまり改善はみこめません。

それよりも、きちんとしたケアをすることで、無意識によい姿勢・歩行になっていくこともあります。

ホリスティック・クーラのアラウンドセラピー®メニューの1つである

【骨盤整えリフレ】では、足やふくらはぎの気持ちいいリフレクソロジーも施術内容に含まれていますが、大半は下肢・骨盤の筋筋膜に対してかなりしっかりとリリースを行っていくところに特徴があります。

もちろん運動は大切なことですが、下半身に不安定な要素があっては怪我にもつながりかねません。

まずは土台を整えることから健康づくりをしてみてはいかがでしょうか?

シェアしてね!