脾は湿を悪む

タイトルの漢字

「脾(ひ)は湿を悪(にく)む」といいます。

「脾」というのは脾臓ではなく、東洋医学の「脾」のことですので

膵臓を中心とした消化器系とイメージしていただければと思います。

その「脾」は湿、すなわち湿気を忌み嫌います。

ということは、、、

そうです。

日本には、ザ・湿気の「梅雨」があります!

もちろん秋の長雨もありますよね。

この湿気に暑さや寒さが絡むとさらに厄介で、私たちの身体に影響を与えます。

最近の東京は湿気がなかなかのもので、

当店の湿度計では75%を連日超えていました。

例年この時期に体調を一気に崩す方が多く、

5月病ならぬ6月病という言葉がメディアでよく目にするようになりました。

今月末に、「梅雨と夏の養生」と称してセミナーを開催しますが

思ったより梅雨入りも早まりそうで、

予防のための先取りセミナーのつもりが間に合わなそうです(‘◇’)ゞ。

ともあれ、この時期は消化器系を中心に体調を崩しやすくなりますから

まずは適度な運動と、身体にやさしい食事を選ぶことが大切です。

ついつい家にこもって運動不足になりがちですが、

身体が重だるくなったり、気持ちが落ち込みやすくなりやすい時ほど運動がおすすめ

少し汗をかくくらい動いたら、ちゃんと汗をふいて身体を冷やさないように

食事の注意点としては、生ものは控えめにしましょう。

いつもなら肉や魚に火がちゃんと通ってなくても平気な方も、この時期は要注意です。

疲れている時は、胃腸にやさしいものを選んで召し上がるといいでしょう。

運動も食事も思い立ったが吉日

さっそく少しずつ意識してみてはいかがでしょうか?

シェアしてね!

ABOUT US

石垣 英俊
気づきのプレゼンター。静岡市生まれ。神楽坂住み。 鍼灸師/按摩マッサージ指圧師/カイロプラクター/国際中医専門員/アプライドキネシオロジスト 神楽坂で施術をしながら東洋医学の健康観と背骨メンテナンスをベースとした養生法アラウンドセラピー®を伝えています。趣味はラクに生きる方法を模索すること、美味しく食べることです。