施術者の肩書あるある

最近知り合いの施術者のプロフィールがSNS上で流れてきて目が留まりました。

「この先生、こんなに施術してたんだ」

彼のプロフィールには、

施術人数10万人以上と書かれていました。

「〇万人」というのは、プロフィールを書いている本人のみぞ知るところではありますが

ほとんどのケースでは回数のことと同義であると私は認識しています。

というのは、例えば10万人全く違う人を施術するのは相当難しいからです。

リピーターを一切お断りします!というルールなら可能かもしれませんし

誰でも1回で治ってしまうのと、再発しても診ないのであれば、できるのかもしれません。

新規が毎日10人だとして、300日働いたとしても年間3000人。

33年以上臨床歴がないと難しいですよね。

冒頭の先生は私より一回り若いので、

もし10万人だとしたら、きっと相当流行っている治療院か整骨院で

お一人さまに対してあまり時間をかけない施術をしてこられたのかもしれませんね。

私も一応プロフィールに何万回と書いているのですが

たしか8年くらい前は6万回とかでしたが、今は8万回になってます(笑)。

つまり、私の場合は同じ方を何度もみさせていただいているので(特に近年は)

回数です。

7,8年前までは毎日10人以上は当たり前で、12人~15人を毎日施術させていただいていました。

お一人を45分枠で診るのに、多い日は朝9時から24時まで営業していましたが

徐々に体力の衰えからセーブするようになりました(‘◇’)ゞ

お一人お一人に時間をかけるスタイルは、確かに体力的なデメリットもあるのですが

クライアントの状態を把握するにはいろんな変化を確認できるので

私にはとても自分に合っていると思っています。

施術していると時間があっという間ですしね。

anncapicturesによるPixabayからの画像

さて、最後に少し辛口になりますが

残念なことに私たちの業界ではこういった肩書が実は信用できないこともあります。

それは何も施術の回数や人数のことに限った話ではありません(先ほど挙げた先生の話ではありませんよ)。

記載されている資格や経験といった情報も含めて

過去に挙げた投稿も参考にしてみてくださいね。

治療院の選び方、コツ教えます①

治療院の選び方、コツ教えます②

シェアしてね!

ABOUT US

石垣 英俊
気づきのプレゼンター。静岡市生まれ。神楽坂住み。 鍼灸師/按摩マッサージ指圧師/カイロプラクター/国際中医専門員/アプライドキネシオロジスト 神楽坂で施術をしながら東洋医学の健康観と背骨メンテナンスをベースとした養生法アラウンドセラピー®を伝えています。趣味はラクに生きる方法を模索すること、美味しく食べることです。